アナログ原稿本文について

アナログ原稿本文のご注意

 
原稿用紙

一冊の本で使用する本文原稿の外枠は全頁同じ大きさの物を使用して下さい。原稿用紙の「紙」の大きさやメーカーは、多少混ざっても問題有りません。また、水色やグレーで印刷されている枠線の色が濃すぎる物の使用はさけて下さい(濃い枠線の上に濃いトーンを貼ると、枠線が印刷に出る事が有ります)。
原稿用紙サイズと印刷可能サイズは下記の表の通りです。

原稿サイズ名称 外枠※1 内枠※1 印刷可能な
本のサイズ
B5・同人サイズ 182mm×257mm 150mm×220mm B5(原寸)・A5(82%)・B6(71%)
投稿サイズ 220mm×310mm 180mm×270mm A4(96%)・B5(83%)
外枠223mm×314mmの物は縮小率が異なる為、使用しないでください
A4 210mm×297mm 170mm×250mm A4(原寸)・B5(87%)
A5 148mm×210mm 120mm×180mm A5(原寸)・B6(87%)
B6 128mm×182mm 110mm×160mm B6(原寸)
インク・ペン

版下は「白」と「黒」とにはっきり分かれている物が印刷に適しています。「灰色」になっている部分は、白く飛ぶか黒く潰れるかのどちらかになります。

白い紙に黒一色で書いて下さい。ボールペン、薄墨、鉛筆等は印刷に出ません。
黒の画材は、耐水性の物を薄めずにお使い下さい。(証券用インクや、耐水性墨汁、漫画用黒インク等)

ベタはむらのないように塗るようにしてください。

鉛筆の下書き・色鉛筆のトーン指定等はしっかり消しておかないと、汚れとして印刷に出ることがあります。
タチキリにかかる絵がある場合は外枠の3mm外まで確実に塗り足し、描き足して下さい。
スクリーントーン はがれないようにヘラ等でしっかりこすりつけて下さい。
スクリーントーンの印刷が灰色がかった物は使用されない様お願いします。
タチキリがある場合は外枠の3mm外まで確実にはみ出させて貼って下さい。
縮小率が高い物は、網の目の荒い物を使用した方が仕上がりが綺麗です。
その他 ノンブルは印刷可能範囲内に必ず全頁入れて下さい。見せたくない場合は、本のとじ側(外枠より内側3mm程は、本になったときに見えなくなります)にノンブルを入れて下さい。ノンブルの入っていない原稿は乱丁の原因となります。

PAGE TOP