デジタル原稿表紙について

フルカラー表紙データ入稿について

最適データ 解像度:350ppi モード:CMYK、PSD形式で保存
Photoshop
  • 画像の解像度は300〜350ppiを推奨します。
  • 画像サイズは、出来上がりの正寸に背幅を足し、更に天地左右に3mmずつ塗り足しを付けて下さい。合計で天地6mm、左右6mm+背幅分正寸より大きくなります。
    例:B5判で背幅4mmの本の表紙の画像サイズは、横幅374mm(=364mm+塗り足し6mm+背幅4mm)、高さ263mm(=257mm+塗り足し6mm)になります。
  • モードは「8bit/チャンネル」の「CMYKモード」にして下さい。(『16bit/チャンネル』は不可))
  • レイヤーは全て統合して「背景」にして下さい。
  • アルファチャンネル(保存した選択範囲等)は削除して下さい。
  • 余分なパスも残さないで下さい。
  • 保存形式はPhotoshopEPSかPhotoshop形式。

PAGE TOP

Illustrator
  • 文字は全てアウトライン化して下さい。
  • トンボは「オブジェクト→トンボ→作成」ではなく「フィルタ→クリエイト→トリムマーク」を使用して下さい。
  • オブジェクトのロックは全てはずして下さい。
  • レイヤーは全て統合して下さい。
  • 保存はIllustrator形式。
  • オブジェクトに色をつける場合は、CMYKで再現できる色を「スウォッチ」から選択するか、「カラー」ウインドウのCMYKスケールのスライダで調整して下さい。「特色」は使用しないで下さい。(スウォッチウインドウで右下に三角マークが有るものが特色です。特色は特色版として処理される為、通常の製版では出せません。特色は、パーセンテージの下にCMYKで再現できる近似色に変換するボタンの表示が出ます)
  • 透明機能やグラデーションメッシュは使用しないで下さい。

Illustrator

画像が
配置してある場合
  • 画像とIllustratorデータを同じフォルダ内に保存して下さい。
  • 配置後に画像の名前や階層を変更しないで下さい。(リンクがはずれてしまう為)
  • 配置画像を埋め込まないで下さい。(リンクされた状態のままで)
  • 配置画像をIllustrator上で縮小、拡大等の変型をしないで下さい。
全体
  • 原寸完全データでお願いします。(こちらで縮小拡大、補正はいたしません。)
  • 表紙と裏表紙を別々で作られる際はどちらが表紙か判りやすいファイル名を付けて下さい。
  • データのバックアップを必ず取っておいてください。
  • Photoshopで開く事の出来るファイル形式(Photoshop、EPS等)で保存してあれば、作成は他のソフト(ペインター等)でも可。

PAGE TOP