成人向け同人誌ついて

成人向け表現に対する考え方

当社では、法的なルールや、会社法人として社会的に持ちうる倫理に添って同人誌の印刷を承っております。 修正が必要とされている部分に全く修正されていない物や、修正の度合いが甘いと判断された物は、当社の基準に従って追加修正をお願いする場合があります。同人誌の存続の為、皆様のご協力とご理解をお願い申しあげます。

修正は黒ベタ又は白ベタでしっかりと

男性器・女性器以外にも結合部分も修正の対象になります。
薄いモザイク・修正の度合いが甘い物が無いよう、全ての箇所に修正を施して下さい。
修正は黒ベタ又は白ベタでしっかりと修正をしてください。

ご入稿時に当社の規定にそぐわないデータの場合、印刷をお断り致します。
不安な場合は、ご入稿前に一度ご相談ください。

奥付の記載に関して

巻末などに奥付を記載することを推奨しております。
奥付が無いと、問題が発生した際に責任の所在を故意に隠ぺいしたと判断される場合があります。
具体的には「サークル名」「発行者連先(メールアドレスやURL)」「発行日」「印刷会社名」を記載するのが望ましいです。

「成人向け」マークの記載に関して

青少年健全育成条例に従い、男性向け・女性向けに関わらず18歳未満に配布出来ない物については「成人向け」等の記載を「自己責任として」お勧めします。記載が無い物には配布前に「成人向けシール」を貼る等の対策を行う事をお勧めします。

法的な解釈

よく耳にする「刑法175条」は唯一卑猥図画に対して法が介入出来る法律です。卑猥と判断される文章・図画を頒布・販売・公然と陳列した者に対して適用される刑法です。同様に販売を目的として所持していた者も同様の扱いとなります。ただ、現在の暫定的な判断基準は、性器および性器の結合部分がしっかり修正されているか否かであり、極端に言えば性器部分が消されてさえいれば内容は問われないということになります。
また、今現在小説物に対して上記法律が適応されるという事は、ほとんどありません。

当社が推奨している「成人向け」マークの記載ですが、これは青少年健全育成条例に準じている物です。 必要性の有る・無しはお客様が自己責任で判断する事であり、当社が判断又は強制することはございません。

上記内容はあくまでも法的な解釈であり、当社の判断基準ではありません。
先述の通り、当社では法律に抵触する事が無くても成人向け表現の物は、独自の判断基準でお断りさせて頂く場合がございます。

PAGE TOP